キャッシング申込する時の申告で嘘をつくのはダメ!

 

まずカードローン申込時には申込書の記入をしてから審査という流れになります。
その時、『毎月の収入より借入額が大きいとキャッシング審査に落ちそうだから、審査に借りられるように年収を増やして書いておこう』と、キャッシング申込みの際に誇大な情報を申し込み書に記入する方が結構な数でいらっしゃいます。
しかし残念ながら、嘘の記載は絶対にしてはいけません。

『どうせバレることはないだろう。』
と思ってのことなのでしょうが、金融機関も様々な申込者を審査してきたある意味専門家です。
過去の申込者の情報を基に、勤続年数や所属する勤め先の大中小、年齢、経歴などからおおよその年収を把握しています。

さらに、カードローン会社には申込みした後にオペレータによる電話の在籍確認があり、電話でも申告した情報の確認が入ります
よって、この平均値とあまりに異なっていれば、キャッシング会社は『これはおかしい』と判断するわけなのです。

これは収入の他の情報でも同じですので、申込書の記入時の嘘はだいたいカードローン会社側にすぐにわかってしまいます。
嘘の申し込みフォームへの入力をしたと一旦発覚してしまうと、金融機関側としては二度とお金を貸すことはないと言って問題ありません。

もしも正直に審査に臨んでいた場合、お金を借りられる、あまりに悪質だったり嘘が多かったりすると、信用情報へ要注意人物として登録されてしまい、他のカードローン業者でもキャッシングができなくなってしまうかもしれません。
また、誇大な情報申込書の記入のまま借入をしてしまうと、詐欺として法的に通達がくるおそれもなきにしもあらずです。

結論としては、虚偽の申告はリスクの方がずっと大きいとも言っても言い過ぎではありません。
正直に申告して審査で断られるなら借りないぐらいの気持ちでいましょう。

アコムローン審査のコツや口コミ・評判や年率、審査時間やその流れ、即日発行などのメリット・デメリットを解説。